運動せずに痩せることはできる?

 

世の中にはダイエットを頑張っている人がたくさんいます。

スポーツクラブに通ったり、エステにいったり、食事制限をしたりとダイエット方法はさまざまです。

ではそもそもなぜ人は太ってしまうのでしょうか?

 

 

人が太ってしまう理由

 

人が太ってしまう理由には個人差があります。

運動不足、食べ過ぎ、加齢などその理由はさまざまです。

しかし太るということをシンプルに考えるならば

摂取カロリーが消費カロリーを上真っていればそのカロリーは脂肪として体内に蓄積されます。

そのことの繰り返しで人は太ってしまうのです。

 

太りやすい人と太りにくい人の違いは「基礎代謝」にあります。

基礎代謝とはあまり動かない状態での消費するエネルギー量のことを表します。

 

そしてこの基礎代謝は筋肉量などで個人差があり基礎代謝が優れている人はそれほど運動をしなくても消費カロリーが多いために太りにくいのです。

 

太りやすいと感じている人はまず基礎代謝をあげる努力をするのがベストです。

そして運動をしていないと自覚している人は積極的に体を動かすなどして代謝量を増やすことを意識しましょう。

 

 

痩せたい!でも運動はしたくない!

 

運動が何より大嫌い、痩せたいけど運動は無理という人もいるでしょう。

摂取カロリーが消費カロリーより低ければ人は理論的には痩せていくことが可能です。

そのため、食事量を制限してダイエットに挑戦しているという人も多いのではないでしょうか?

 

ですが、食事制限によるダイエットは代謝をあげることはできませんので

せっかく痩せてもまたリバウンドしてしまうという可能性が大きいんです。

 

消費カロリーは基礎代謝量で決められます。

そして基礎代謝は運動によってのみあげることができるのです。

 

食事制限をしている人は大切な筋肉まで落としてしまい、いったんは痩せたように見えても基礎代謝量が落ちてしまい、太りやすい体になっているのです。

痩せやすい体づくりのためには運動は欠かすことのできない大切なものなのです。

 

 

痩せるための近道は、バランスのとれた食事と適度な運動

 

 

痩せるためにはどうしたらいいのでしょうか。まずはきちんとした食事が大切です。

食べる量をしっかりとコントロールし、低脂質、高たんぱくの食事をこころがけます。

 

多くの人が行っている糖質制限も安易に手をだすべきではありません。

脳は糖質のみがエネルギーなので、日中の集中力が欠けてしまうと言うリスクがありますので適切な量の糖はしっかりととるべきなのです。

野菜もしっかりと食べ、カルシウムや鉄分などをしっかりと補給してください。

 

そしてやはりおすすめは適度な運動をして筋肉をしっかりとつけることです。

いきなり激しい運動は体を痛めてしまうなどのリスクがありますから軽い運動からはじめてしっかりと筋肉をつけていきましょう。

 

しっかりと筋肉がついてくれば、太りにくい体がつくられますよ。

 

参考:厚生労働省 メタボリックシンドローム