内臓脂肪の効果的な落とし方

 

内臓脂肪が増える主な原因は食事が大きな原因になります。

しっかりと食事の量や栄養のバランスをコントロールすることで

しっかりと効果的に内蔵脂肪を落とすことが可能です。

 

 

炭水化物抜きダイエットというものがあるように

炭水化物を必要以上にとることで内蔵脂肪は増えてしまいます。

 

まずはしっかりと食事の量を見直し、そして内容も精査することが大切です。

食事抜きダイエットの多くが失敗するのは食事と食事の間に時間が空きすぎてその空き時間に血糖値があがってしまい脂肪がつきやすくなるためです。

 

血糖値をあげないためには、規則正しい食事の間隔がとても大切なポイントです。

 

 

インシュリンと脂肪の関係

 

食事をとることで急激に血糖値があるがると体内でインシュリンが分泌され脂肪ではなく糖分からエネルギーに転換されます。

 

ですから体内に蓄積された体脂肪が燃えないどころか、

消費されなかった分の炭水化物や糖までも体内の脂肪細胞に取り込んで蓄えようようと促します。

その結果、太ってしまうのです。

そうしたことを防ぐためにインシュリンを抑制するサポニンやイソフラボンなどを含んだ食品を食べることが大切です。

 

また、運動するこで代謝が高まり体内の内蔵脂肪が消費されやすくもなりますので有酸素運動は積極的に行うのが良いでしょう。